Back to All Events

2017年9月 : 新学期恒例 フランス語 単語の暗記マスター !


アトリエ 9月のテーマ : 単語の暗記マスター !

 夏休み明け、こちらも毎年恒例になりつつあリますが、9月は「単語の暗記をどうするか?」について考えて行きます。

単語を覚えるのは、外国語学習において避けては通れない作業。でも、どうやって覚えたらよいのか、どうしてすぐに忘れてしまうのか...意外と悩んでいらっしゃる方が多いのではないでしょうか。 

効率的なやり方を見つけるのは仏検などの語学試験の受験を考えている方にとって切実な問題です。学生の時にやっていた方法、仏検の上級を短期間で突破した人の方法、参考書に書いてある方法...調べると様々なやり方がありますが、それらを真似してみても、イマイチ自分には効果がない...。そう感じている場合、実は、自分の五感の「特性」を知らなかったり、誤解していたりしている可能性があります。

今月は、みなさんに医師が作成した「認知特性テスト」をやっていただき、そもそも自分は何かを認識したり理解したりするときに、五感をどんな風に使っているのか?について自覚し、その結果を反映させた「自分にとって」最適な暗記方法をカスタマイズして行きます。自分の「強み」を知り、フランス語力アップを図りましょう!

 「ミクロ」で「ポッシュ」(極小ポケット版)...言葉の定義を存在で抹殺するミクロ・ロベール。

「ミクロ」で「ポッシュ」(極小ポケット版)...言葉の定義を存在で抹殺するミクロ・ロベール。

  • どうやってモノを「認識」しているのか?

TwitterやInstagramなどのソーシャルコミュニケーションツールが発達してわかってきたのは、私達のモノの捉え方、考え方は千差万別で、「そんなの見りゃわかるだろ」「言わなくてもそれくらい通じるだろ」ということが、私達が想像していたよりも通用しない、ということです。同じものを見ても「捉え方」が違うのは、個々の感覚の違い、環境の違い、学習の違いなど様々な要因があり、「差」があるんですね。

 様々な参考書を買ってみたものの、どうも自分にしっくり来ない、参考書をどうやって使えば効率よくインプットできるのかわからない...そんな皆さんのお悩みは、認識の「差」をうまく機能させれば、語学学習においての効率アップになるかもしれないのです。今月は、自分は物事をどの感覚を使って認識しているのかを詳しい診断で把握し、その強みを知って暗記につなげる手法をお伝えしていきます。ノートや筆記具、勉強の時間帯、アプリ...自分に合ったやり方を「カスタマイズ」し、それぞれに「今」必要な単語のリストを作って覚えていきましょう。

 1週間毎に成果を確認、1ヶ月でどれくらいの量を覚え、どれくらい忘れてしまうのか、どれくらいの努力でできるのか、自分なりのペースがわかれば、自主学習の際に無茶なスケジュールを立ててしまって挫折したりすることもなくなります。

 また、個人の差へ目を向けるだけでなく、万人に共通して有効だとされる暗記にまつわるさまざまなトピックも紹介していきます。勉強する時間は朝?夜? 毎日どれくらいやればいいの?など、みなさんの疑問にもお答えしていきます。とっても面白い単語の本もご紹介いたしますね!

アトリエのスケジュール

火曜日のアトリエ

5, 12, 19, 26 (※ 不定期)

土曜日のアトリエ

2, 9, 16, 30 (※23日は祝日によりおやすみです)

個人レッスン・ラトラパージュ(補講) : 

時間:90分マンツーマン ※ご希望の時間をご予約下さい。(下記以外の曜日・時間をご希望の場合、ご相談ください。

水曜日 三条教室

(ーで消されている日は予約済みです)
  • 11:00〜12:30 : 6, 13, 21, 27
  • ※ 水曜日の中山教室での個人レッスンについては、要お問い合わせ。

    (ーで消されている日は予約済みです)
  • 14:30〜16:30 : 7, 14, 21, 28
  • 17:30〜20:00 : 7, 14, 21, 28
  • (ーで消されている日は予約済みです)
  • 11:00〜13:00 : 1, 8, 15, 22, 29
  • 14:30〜16:30 : 1*, 8, 15, 22, 29 (*1のみ 13:30〜15:00)
  • 17:00〜20:00 : 1, 8, 22
  • CALENDRIER