Back to All Events

2019-7/8月のテーマ :POUVOIRとVOULOIR / シチュエーションチャレンジ!


4月から始まった「文法を初めからひとつひとつ/リスニングのための会話力」シリーズ、7月は様々な場面で必要となる pouvoir / vouloirを自在に使えるように練習します。

pouvoir / vouloir は、条件法で使うことが多く、ちょうど英語の May I / Would you (like)… ? に当たる使い方ができる表現です。

ですが、いまいちどっちの動詞を使ったらいいのかわからなかったり、主語を Je にしたらいいのか Vous/Tu にしたらいいのかに悩んだり、日本語の感覚で、丁寧にお願いしているつもりが「何がしたいの?」と理解してもらえなかったりすることはありませんか?

旅行や滞在では何かとお願いしなければならない場面に遭遇することがありますから、パターンを覚えて、スムーズに失礼のない依頼ができるようになりましょう。

また、8月は応用編として、様々なシチュエーションにおいて、頼んだり尋ねたりして必要な情報を入手できるよう、文を考えて伝えてみましょう。

自分の考えた言い方で、欲しい情報が得られるかどうか…? 現地で実際に試す前に、レッスンで確かめてみてください。

「ここに来てくれる?」「ここにお座りになりますか?」

どちらも、日常で言う可能性があるひとことですが、さて、pouvoir / vouloir のどちらを使ったら良いでしょうか?

Photo by  Armand Khoury  on  Unsplash
  • pouvoir は 「できる」「可能である」

  • vouloir は「望む」「欲しい」

という風に習いますが、前出の2つの文にこの訳を当てはめようとすると、どちらもそのままではピタリと合いません。自然な日本語ではこのような辞書の見出し語のまま使わないからです。

そのため、pouvoir やvouloir を使えるように

「来てくれる」→「できるか」

「お座りになりますか」→「座りたいですか」

のように、フランス語にしやすく和和変換をしてやる必要があります。

けれど、動詞だけでも作文に

日本語(ネイティブ文)→日本語(直訳文)→フランス語(原形)→フランス語(主語)→フランス語(活用)

という面倒な手順をいちいち踏んでいては時間がかかってしまい、タイミングを逃したり、聞いてもらえなかったりということが起こってしまいますよね。ですから、これをある程度パターン化し、

日本語(ネイティブ文)→フランス語(原形)→フランス語(活用)

くらいにショートカットできるようになるための練習を行っていきます。

 中級からは、「難しい」と思われがちな複文構造でpouvoir / vouloirを使えるようになりましょう。

「駅まで送ってあげようか?」「彼がこの問題を理解でき(てい)るとは思えないな」

のように、複文(SVが2つ以上出てくるque節のある文)で使うことが日常生活においてよくあります。不定詞の文に慣れていると、

「あれ、que の後って直接法だっけ接続法だっけ…?」「接続法は難しいから使えないよ…!」となってしまい、せっかくの会話チャンスがダメになってしまうことも。

難しそうに見えますが、この構造で使う接続法は特殊な活用形のためかえって覚えやすく、それ以外の多くの-er動詞の場合、直接法と全く見分けがつかない同じ形だったりするので、実はそこまで恐れるようなものではありません。繰り返し練習して、ひとつの「言い回し」として覚えてしまい、使えるようになりましょう!

cah3-bk.png

答え:「ここに来てくれる?」Tu pourrais venir ici ?

「ここにお座りになりますか?」Voulez-vous vous asseoir ici ?

「駅まで送ってあげようか(駅で下ろそうか)?」Tu veux que je te dépose à la gare ?

「彼がこの問題を理解でき(てい)るとは思えないな」Je ne pense pas qu’il puisse comprendre ce problème.

cah3-bk.png

お知らせ:

2019年5-7月、木曜日のアトリエをお休みさせていただきます。

木曜日にレッスンを受けていた方には、火曜日・水曜日・金曜日の午後に振替させていただきます。どうぞご了承くださいませ。

個人レッスンの一般新規受付を再開いたします。

2019年3月より、期間限定で個人レッスンの新規受付をさせていただきます。

昨年6月から、多忙により、私自身がこれ以上の人数の個別フォローが難しくなってしまったため、個人レッスンの新規お申込みをお断りさせていただいておりました。

2019年3月より、在籍枠がひとつ空きますのでお申込みの再開をさせていただきます。

お申込み対象は以下の方のみとさせていただきますのでご了承ください。

少なくとも3回はレッスンを継続して受けられる方。短期の旅行や急なフランス語圏からの来客への対応のために、臨時で1回だけレッスンを受けたいという方は、誠に申し訳ございませんがお断り申し上げます。ただし、数回レッスンを受けてみて合わなければ入室をキャンセルしていただくことは可能です。

お申し込み ( 応募フォーム )

cah3-bk.png

アトリエのスケジュール

土曜日のアトリエ

  • 7月 6, 13, 20, 27

  • 8月 3, 17, 24 (31は都合によりおやすみです)

レッスン体験のお申し込み ( 応募フォーム )

※火曜日のアトリエは個人レッスンの時間帯となりました。上記お知らせを御覧ください。

個人レッスンのスケジュール

時間:90分マンツーマン ※ご希望の時間をご予約下さい。下記以外の曜日・時間をご希望の場合、ご相談に応じます。詳細はお問い合わせください。

月曜日 三条教室 

(ーで消されている日は、個人レッスンの申込みありの日です)
  • 11:00〜12:30 : 7月 1, 8, 22,29
  • 11:00〜12:30 :8月 5, 19, 26

  • (ーで消されている日は、個人レッスンの申込みありの日です)
  • 14:30〜19:00 : 7月 2, 9, 16, 23
  • 10:30〜12:00 : 8月 20
  • 14:30〜19:00 : 8月 6, 27

  • 水曜日 中山 / 三条教室

    ・水曜日の午後、新潟市で個人レッスンを行うことが可能です(すでにエコールに登録されている方対象です)。ご希望の場合はこちらからお申込みください。

    (ーで消されている日は、個人レッスンの申込みありの日です)
  • 14:30〜19:00 : 7月 3, 17
  • 10:30〜12:00 : 8月 21
  • 14:30〜19:00 : 8月 7, 21

  • (ーで消されている日は、個人レッスンの申込みありの日です)
  • 10:30〜12:00 : 8月 8, 15
  • 14:00〜17:30 : 8月 8, 15

  • (ーで消されている日は、個人レッスンの申込みありの日です)
  • 14:30〜19:00 : 7月 12, 26
  • 10:30〜12:00 : 8月 9, 16, 23
  • 14:30〜19:00 : 8月 9, 23, 30
  • cah3-bk.png

    CALENDRIER