Filtering by: 教室からのおしらせ
2019-4-5月のテーマ :フランス語の文法を初めからひとつひとつ/リスニングのための会話力をつけよう!
Apr
1
to Apr 27

2019-4-5月のテーマ :フランス語の文法を初めからひとつひとつ/リスニングのための会話力をつけよう!

4月はなにか新しいことを始めるのにうってつけですね。

今月から「文法を初めからひとつひとつ」シリーズを始めていきます。

フランス語の勉強を始めようと思っている方にも、

中級なのだけれど、実は基礎の文法をちゃんと理解していない、自信がない、使うときに迷ってしまう…という方にも、

上級になったけれど、文法体系にぽっかり空いている穴があった!という方にも、

それぞれのレベルのニーズに合わせて丁寧に解説していきますよ!

おすすめ文法書。「 魔法の仏文法 」は本当によくできた文法書で、初級から中級まで使える。わかりやすく文法事項を説明してくれています。フランス語ではHachetteの Nouvelle grammaire du français.  簡潔ながら、必要な情報を探すことができます。

おすすめ文法書。「魔法の仏文法」は本当によくできた文法書で、初級から中級まで使える。わかりやすく文法事項を説明してくれています。フランス語ではHachetteのNouvelle grammaire du français. 簡潔ながら、必要な情報を探すことができます。

文法学習というと、「難しくてニガテ」「面倒くさい」「文法なんか知らなくても、会話が上達すれば問題ない」などの声を聞くことが多いですね。かく言う私も、留学した時、

「日本人学生は文法試験の点数はいいけれど、会話で全然話せない」という現地での評判に反発し、「文法は苦手でも、しゃべれる日本人になろう!」と支離滅裂な目標設定をした黒歴史があります….

でも、ぜんぜんしゃべれない。

そして、な…なにを言っているのかわからねー!

そりゃそうです。

だって、会話をするにも、人々が話しているフランス語は、文法というルールに則って、構文(SVCOA : 英語とは若干違います)を使っているというのに、それがわからなければ話せるわけがない!です。名詞は文中で、置かれる位置によって主語なのか目的語なのかが決まりますし、冠詞によってその主語が広く一般のものを指しているのか、特定の物を指しているのかを判断したりするので、間違えると話が通じなくなったりします。

(ちなみに、うちの母は主語をすっとばした話し方をよくするので、同じ言語をつかっているのに話がこんがらがることがよくあります。そして「なんでわからないの!」とキレる)

思うように話せず、人が話していることも理解できず、私は語学学校の会話の授業が苦痛で仕方ありませんでした。そして、その苦しみの原因は、自分の初歩の文法の勉強不足(単に動詞の活用形を覚えていなかった)と語彙不足によるということに気づかず、とんちんかんな自己嫌悪に陥り、危うく海外でひきこもりになるところまで追い込まれていました。

そんな時、勇気を出して行った八百屋さんでおじさんと話せたことがきっかけで、次第に話せるようになっていったのです。

八百屋のおじさんは、わたしのほころびだらけの言葉を辛抱強く聞いてくれ、フランス語難しいよね、フランス人だって相当苦労したのに、あなたみたいなアルファベも違う国の人が勉強するなんて大変なことだよ、偉いね、尊敬する。と言ってくれたのです(多分←あまり聞き取りができていなかったので、すべて妄想で、実際は「今日はいい天気だね」ぐらいだったのかもしれませんが)。

それから1年ほど経ち、語学学校の上級クラスで出会ったクラスメイトのおかげで、わたしは文法学習についての考え方を決定的に変えることになります。

ケニア人の彼は、自称「9カ国語話せるマルチリンガル」でした。自国の地域や部族の言語がすでに5〜6種類あり、英語はネイティブ、イタリア語もわかると言っていました(真相は定かではありません)。

「宝物は一度見つけたら、絶対に自分のものにしなくちゃ後悔すると父が言っていた」

というエキゾチックな殺し文句で、クラスの女子全員を片っ端から口説き(そして全員にごめんなさいされる)、振られても平気で授業に現れるという鉄のメンタルを持つ彼でしたが、仏語学習者がはじめに習う avoir (持つ)の活用形をめちゃくちゃに使い、je と tu の活用をまるっと ai で話したり、nous と vous の活用形があべこべだったり、そもそも J’ai を 「ジュ アイユ」とエリジオンせず、しかも接続法の活用形のように発音して聞き手を混乱させ、彼自身はそんなことには一向に頓着せず、大いに、おおらかに、発言をやめません。先生も、時々直したりはするものの、上級ともなれば、学習者が自分自身に持つプライドを考慮し、また自国のアクセントも「チャーミング」と捉えて、彼の「アイユ」の指摘はしませんでした(当時そういう方針の先生が多かったのは、FLE(外国語としてのフランス語教授法)を履修して初めて知りました)。

けれど、私を含めたクラスメイトたちは、彼の言葉にだんだんイライラしたり、無視したりするようになりました。上級になっても、初歩の発音・文法ルールを守らないで平気な彼の傲慢さに苛立ちを感じていたのです。

ところで、初心者の方にもよく「日本語みたいに全部原形でいいじゃん、なんで人称によってこんな面倒な活用を覚えなくちゃなんないの?」と文句を言われます。

知らんがな。

と1億回くらい思い、100万回くらいその言葉を飲み込みました(あれ?計算が…)。

会話では、主語と動詞の活用形の両方を手がかりに、誰が何をすると言っているのかを判断します。その2つの手がかりが一致しなければ、聞き手は混乱し、何を言っているのかわからなくなってしまいます。主語だけだと音が短すぎるため聞き逃しやすく、それを補完するために、動詞の活用形は重要なアイテムなんです。一応、日本語にだって活用はあるし…学校で習ってますよ?

話がそれましたが、

「ちゃんと活用してくれないから、何言ってんのかわかんないし、予測しながら聞いているとすごい疲れる」

というクラスメイトのぼやきに、そうだよね〜と同意しかけた私は、「あっ!」と気づきました。

めちゃくちゃな文法で話したり書いたりすることは、それを聞いたり読んだりする側にとても負担をかけているのです。

意外(?)かもしれませんが、フランス人は、通りすがりの外国人に対しても、けっこう根気よくこちらの言葉を理解しようと付き合ってくれる人が多いです。こちらのとっちらかった文やはちゃめちゃな発音にもめげずに、辛抱強く聞いてくれたり、何度も繰り返してくれたりしたのは、私という人間に対する敬意があったからです。

それまでの私は「外国人」という大義名分のもと、怠慢を重ねて相手に対してとても失礼をしていたんだ!

それ以来、文法学習についての考え方は大きく変わりました。

文法学習は、その言語の持つ文化への敬意と尊重を持つことで、自分の発言を受け取る相手に対しての最低限のマナーだと思っています。

この話をすると、たいてい返ってくるのが

「でも、尊重したい、マナーを守りたいと思っていても、自分の能力がそこまで追いつかないんです」

という意見なんですが、

なにも、最初からパーフェクトに文法も発音もできなければフランス語を使う資格がない、という話はしていないんです。

正しく発音すること、動詞の活用を覚えたり、語順を覚えたりすることだけで、聞き手の負担はだいぶ軽くなります。恥ずかしいから発音を適当にするとか、私のように活用を覚えるのが面倒だから原形でゴリ押ししようとするとか、そういう姿勢に「respect(敬意)」はないように思われます。

「わかんないんだから、察してよ」という態度は失礼ですよ、今の自分のレベルでは、相手に負担をかけているのを知りましょう、ということです。だから、できることを自分のペースでひとつずつ増やしていきましょう、相手にスムーズに理解してもらえることを目指して練習しましょう、ということです。

cah3-bk.png

話すことができるようになるには文法が必要ですが、聞けるようになるには話せることが必要になってきます。

誤解をしている人が多いと思うのですが、リスニングができる、とは相手の述べた文を一言一句100%聞き取れるということではありません。相手が述べたことの重要な部分を逃さずに把握でき、それに対して適切な返答ができるように理解ができる、ということです。これがディクテになると、100%聞き取らなければなりませんが、そのかわりスピードを落として聞かせてくれます。通常の会話スピードでディクテは、いくらネイティブでも特殊な訓練をしたり特殊な能力がなければ無理です。

リスニングの力を伸ばすには、リスニングの練習をしなければだめだと、かつて私も思っていました。けれど最近では、リスニング力をつけるには、話力が必要不可欠だと考えています。

学生やエコールの生徒さんたちにリスニングをしてもらうと、全然聞き取れなかった人でも、トランスクリプション(書き起こし)を読み、文の構造や語彙を理解した上でもう一度聞いてもらうと、

「びっくり!聞こえます!」

となります。これは至極当たり前のことで、脳は知っている単語や知っている構文で述べられた文でなければキャッチしてくれないからです。しかも、ただその言葉を読んで知っていても、実際に耳で聞いて発音とつづりと意味を一致させなければ、音で聞こえてきても、自分の知っているその言葉だと把握できません。なので、それを満たしてやるためには、自分がその語や表現を使って話すのが一番なのです。

仏検の上級になっても、リスニングの音声スピードはかなりゆっくりです。DELF/DALF TCFは、実際のラジオの番組やニュース、インタビューを使ったりするので、鬼スピードのそれに比べれば、それは天国のようにゆっ〜くり丁寧に発音してくれます。それでも、聞こえない人が多い。それは、上記のように、文字面で知っているだけで、自分でその言葉を実際に口にしたことがないので、その言葉をキャッチできないのではないかなと考えています。

文法と同じように、短い文で、優しい文から、口に出して話して使うことをやってみましょう。その練習の積み重ねが、リスニングで生きてきます。アホみたいに優しい文でも、自ら頭の中で作文して、ミスなく口にするのは案外難しいですよ?書く力と話す力は別です。

エコールにはたーーーーっくさんの例文ストックがあり、練習用のガジェットも豊富です!ひとつずつ練習して話し、聞けるように、一緒に練習していきましょう!

cah3-bk.png

お知らせ:

2019年4月より、火曜日のアトリエは個人レッスンの枠に変更させていただきます。

参加者が増えた場合アトリエを開催したり、ラトラパージュ(補講)として使われる場合もありますが、基本的に個人レッスンの時間帯としてご予約を承ります。

個人レッスンの一般新規受付を再開いたします。

2019年3月より、期間限定で個人レッスンの新規受付をさせていただきます。

昨年6月から、多忙により、私自身がこれ以上の人数の個別フォローが難しくなってしまったため、個人レッスンの新規お申込みをお断りさせていただいておりました。

2019年3月より、在籍枠がひとつ空きますのでお申込みの再開をさせていただきます。

お申込み対象は以下の方のみとさせていただきますのでご了承ください。

少なくとも3ヶ月はレッスンを継続して受けられる方。短期の旅行や急なフランス語圏からの来客への対応のために、臨時で1回だけレッスンを受けたいという方は、誠に申し訳ございませんがお断り申し上げます。ただし、数回レッスンを受けてみて合わなければ入室をキャンセルしていただくことは可能です。

お申し込み ( 応募フォーム )

cah3-bk.png

アトリエのスケジュール

土曜日のアトリエ

  • 6, 13, 20, 27

レッスン体験のお申し込み ( 応募フォーム )

※火曜日のアトリエは個人レッスンの時間帯となりました。上記お知らせを御覧ください。

個人レッスンのスケジュール

時間:90分マンツーマン ※ご希望の時間をご予約下さい。下記以外の曜日・時間をご希望の場合、ご相談に応じます。詳細はお問い合わせください。

月曜日 三条教室 

(ーで消されている日は、個人レッスンの申込みありの日です)
  • 1, 8, 15, 22

  • (ーで消されている日は、個人レッスンの申込みありの日です)
  • 5, 19, 26

  • 水曜日 中山 / 三条教室

    ・水曜日の午後、新潟市で個人レッスンを行うことが可能です(すでにエコールに登録されている方対象です)。ご希望の場合はこちらからお申込みください。

    (ーで消されている日は、個人レッスンの申込みありの日です)
  • 3, 10, 17, 24

  • (ーで消されている日は、個人レッスンの申込みありの日です)
  • 4, 11, 18, 25

  • (ーで消されている日は、個人レッスンの申込みありの日です)
  • 14:30〜19:00 : 12, 26
  • cah3-bk.png

    CALENDRIER

    View Event →

    2019-3月・4月のテーマ :フランスの歴史、年代を推理する!/センター試験2019に挑戦
    Mar
    1
    to Mar 30

    2019-3月・4月のテーマ :フランスの歴史、年代を推理する!/センター試験2019に挑戦

    3月は、少しのんびりゲームをしながらフランス語を学びます。

    輸入したばかり(!)の タイムライン フランスの歴史版 を使って、遊びながらフランス史を学びましょう。

    View Event →
    2019-1月・2月のテーマ :今年の一語を決めよう!/ボブジテンで説明しよう!
    Jan
    7
    to Feb 28

    2019-1月・2月のテーマ :今年の一語を決めよう!/ボブジテンで説明しよう!

    あけましておめでとうございます。

    さあ、始まりました、2019年。みなさんはどんな一年にしたいですか?

    フランス語学習において、仕事やプライベートにおいて、こんな一年だといいな〜、とか、こんな風になりたいな、という願いを込めて、2019年の自分を象徴する一語をフランス語の辞書から探してみましょう!

    View Event →
    アトリエ 2018-12月のテーマ :年末日記+ボブジテンで説明しよう!
    Dec
    1
    to Dec 28

    アトリエ 2018-12月のテーマ :年末日記+ボブジテンで説明しよう!

    018年もとうとう最終月。みなさんはどんな一年でしたでしょうか?

    今月は、10周年記念にみなさんに差し上げた5年日記を12/31まで先取りして、どんな風に答えたらいいのかな?というのを考えてみます。そして、カードゲーム「ボブジテン」を使って、フランス語の勉強を始めたばかりのボブにフランス語で単語を説明してみましょう!

    「ボブジテン」は、日本語初心者のボブのために、カードに書かれたカタカナ語が何かを説明するゲームです。カードには「チョコレート」「キャンセル」「インテリア」など、様々なカタカナ語(外来語)が書かれています。カードを引いた人は、カードに示されたカタカナ語をカタカナ語を使わずに上手に説明し、他のプレーヤーに当ててもらうというゲーム。

    例えば、「チョコレート」は「カカオ豆でできた…」などと言うと「カカオ」でカタカナが使われているのでアウト。

    「多くは南国で栽培されている豆が原料で、発酵させ、焙煎した粉を砂糖や香料と混ぜて固めたもので、お菓子に使われることが多い。溶かして牛乳と混ぜ飲むこともできる」なんて説明をして当ててもらいます。

    今回、ボブにはフランス語の勉強を始めてもらい、カードに書かれた単語をフランス語で説明して、みんなに当ててもらうゲームとして遊びます!

    例えば「チョコレート」をフランス語で説明しようとすると、

    「えーと、まずカカオ豆ってなんていうかわかんないぞ・・・お菓子の材料に使うってどう言ったらいいんだろう…」

    なんてことになりますよね。でも、そんな難しいことを言わなくても、もっと他の方法でヒントを出すことができないでしょうか…?

    View Event →
    アトリエ 2018-11月のテーマ :いくつ正解できる?フランスクイズ!
    Nov
    1
    to Nov 30

    アトリエ 2018-11月のテーマ :いくつ正解できる?フランスクイズ!

    「フランス語を勉強しています」

    「大学の第2外国語はフランス語です/でした」

    「仏検○○級を持っています」

    という方々に、ではフランスに関する問題です!

    ・・・とやると、多くが

    「そういうのは学校で習わなかったです」

    「語学以外の勉強はしていなくて」

    「地理とか歴史とか苦手で」

    なんて返答に出くわすことが意外に多かったりします。

    そもそも、「語学」つまり、ある区域で話されている言葉を学ぶって、言葉だけを勉強して済むものではありません。それを使っている人々の暮らし、その人々の後ろにずずずぃっと広がる歴史があるわけで、それらを無視することはできないんです。

    今月は、フランス語を学習している人なら知っておきたい、フランスに関する様々な事柄について、クイズ形式で学んでいきましょう。

    View Event →
    アトリエ 2018-9/10月のテーマ :フランス語ナンジャモンジャゲーム
    Sep
    1
    to Sep 30

    アトリエ 2018-9/10月のテーマ :フランス語ナンジャモンジャゲーム

    8月は暗記をテーマに、ホテルや受付などでよく使う表現を覚えました。

    9月10月も引き続き、暗記について考えていきます。

    私達の多くが「効果的である」と信じて行っている学習方法ですが、

    最近ではそれが思ったほど効果がないということが、科学的に証明されつつあります。

    例えば、

    「何度も教科書を読む」

    「短期集中で勉強する方が、ダラダラやるより良い」

    「一つの項目が完全になるまで繰り返しその部分を覚える」

    などは、実は効果的でないということがわかってきています。

    View Event →
    アトリエ 2018-8月のテーマ :暗記の作法
    Aug
    1
    to Aug 26

    アトリエ 2018-8月のテーマ :暗記の作法

    フランス語って覚えることがたくさんあって大変!という印象を持たれる方が多いのではないでしょうか。

    「膨大な語彙が覚えられない」「動詞の活用形を混同してしまう」「単語帳の作り方がわからない」

    というお悩みは、生徒さんからも、受け持ちの学生からもよく聞きます。しかし、最近、様々な学習方法を研究した書籍を読んだり、学生たちの様子を観察したりしていく中で、私を含めた多くの学習者が、そもそも「覚える」という行為について勘違いしているのでは、と気づくことがありました。今月は、「覚える」ってどういうこと?ということについて改めて考えながら、フランス語での基本のやりとりを覚えて使えるように練習していきましょう!

    View Event →
    アトリエ 2018-7月のテーマ :一行日記をふりかえる/先取りする
    Jul
    1
    to Jul 31

    アトリエ 2018-7月のテーマ :一行日記をふりかえる/先取りする

     エコール10周年の記念でみなさんにお配りした5年日記。毎日1つずつ質問が書いてありますので、それに答えるだけ。みなさんにはよく、「毎日1行フランス語で日記を書くといいですよ」と、おすすめするのですが、

    「結局毎日同じことの繰り返しになってしまう」
    「書くことが見つからない」
    「どうやって書いていいかわからない」
    という悩みが多く返ってきました。その点、この5年日記は、日記が毎日質問してくれるので、「今日は何を書いたらいいんだろう」と悩まなくてもよくなります。

    View Event →
    アトリエ 2018-6月のテーマ : 活用トレーニング!
    Jun
    1
    to Jun 30

    アトリエ 2018-6月のテーマ : 活用トレーニング!

    今月は様々な活用をカードゲームで覚えていきます。

    フランス語でうまく話せるようになるためには様々な練習をする必要がありますが、大きなウエイトを占めるのが、「頭の中で文が組み立てられるようにする」という作業になります。日々言葉の「出し入れ」をすることで、さっと頭の中で主語に合わせた活用形が出てきたり、否定形になったりしたときにも「えーと」と考えずに正しく口に出せるようになるんですね。

    View Event →
    アトリエ 2018-5月のテーマ : 好き?嫌い?
    May
    7
    to May 26

    アトリエ 2018-5月のテーマ : 好き?嫌い?

    今月は -ER動詞の現在形の活用形をおさらいしながら、好きなもの、嫌いなものについて簡単に話せるようになりましょう。

    「好きなもの」ってすごくざっくりしていますが、みなさんは自分の好きなものについて、きちんと知っていますか? 考えているだけで機嫌が良くなってしまうもの、こと、ひと...落ち込んだ時には必ず聴く音楽、食べるもの、開く本、観る映画、そういうものがありますか? この話題については、口をふさがれない限り喋り続けてしまう!ということがあるでしょうか?

    View Event →
    アトリエ 2018-4月のテーマ : フランス語のきほん
    Mar
    30
    to Apr 27

    アトリエ 2018-4月のテーマ : フランス語のきほん

    新学期が始まる4月は、初心に返ってフランス語を基本から見直してみましょう!

    今月は、いまさら聞けない「フランス語の基礎の基礎」を、改めて見ていきます。発音のきほん、語の読み方やリエゾン・エリズィオン・アンシェヌマンのやり方、基本のあいさつの仕方、辞書の引き方・・・知っていること、知らないことをチェックしていきますね!

    View Event →
    アトリエ 2018-3月のテーマ : 旅行で話せるフランス語(1)
    Mar
    1
    to Mar 30

    アトリエ 2018-3月のテーマ : 旅行で話せるフランス語(1)

     3月は、1月のテーマ「ぜんぶフランス語で言ってみよう!」のスピンオフとして、旅行で話してみよう!というテーマで話す練習をしていきます。

    今月は空港・駅や乗り物の中でのやりとりやマナーを学びましょう。飛行機の中や空港などでも、ちょっとした会話をフランス語でできると旅行のワクワクが一気に倍増しますよね。

    旅行会話もシリーズ化していきますので、回を重ねる毎にだんだん話せる内容が増えていきますよ〜!

    View Event →
    アトリエ 2018-2月のテーマ : 暮らしのなかのフランス語(1) アンコール・センター試験 2018年 フランス語に挑戦!
    Feb
    1
    to Feb 27

    アトリエ 2018-2月のテーマ : 暮らしのなかのフランス語(1) アンコール・センター試験 2018年 フランス語に挑戦!

    2月は、雪によりアトリエがなかなか開けなかった1月のテーマ「ぜんぶフランス語で言ってみよう!」を引き続き学んでいきます。ついでに、「雪がひどい」「早く春が来ないかな」「そちらは雪はどうですか?」などもどんな風に言えるか考えみましょう!

    View Event →
    アトリエ 2018-1月のテーマ : 暮らしのなかのフランス語 (1)
    Dec
    27
    to Jan 31

    アトリエ 2018-1月のテーマ : 暮らしのなかのフランス語 (1)

    2018年、エコールのレッスンの大きなテーマは「ぜんぶフランス語で言ってみよう!」です。2017年から時々そのようなレッスンをしたり、特に聞く・話す力を伸ばしたい方へのアドヴァイスとして、ちょくちょく「今考えていること、話そうと思うことを全部フランス語に」したらどうですか?という話をしていました。が、やはり1人でやるとなると「億劫おばけ」がやってきて、「メンドクサーイ、マタアトデー」と呪文を唱えて、気力がゼロになる・・・ようです。確かに、いきなり全部ひとりでやってみよう!はハードルが高い。ということで、2018年は「ぜんぶフランス語」をシリーズ化して、テーマを絞って何回かやってみることにしました。

    View Event →
    アトリエ 2017-12月のテーマ : 2018年、わたしのことば、わたしのフレーズ
    Nov
    30
    to Dec 27

    アトリエ 2017-12月のテーマ : 2018年、わたしのことば、わたしのフレーズ

    師走...ソワソワと落ち着かない日々といえども、ちょっとひといき、心を落ち着けて、今月は様々なproverbes et citations (著名人のことばの引用) をフランス語で声に出して読みながら、来年の自分を象徴するような言葉やフレーズを自分のために選んでみましょう!こんな一年にしたいな・・・ということばを有名無名にかかわらず、賢人たちの智恵に触れてみます。フランス語ではこんな風に言うの?!なんていうおなじみのフレーズも登場しますよ〜!

    View Event →